スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命士講習受けました\(~o~)/

 最近、個人的なブログはフェイスブックに載せてしまっています。
フェイスブックは登録だけすれば、何も発信しなくても大丈夫です。
変な人に見られなくなかったら友だとだけ限定にすればそんなに怖いものではありません。
フェイスブックで広島の人と15年ぶりに再会してこの間飲みに行きました。
よかったら、フェイスブック登録して友達申請して下さい。
そうそう、鮫島 均ってふたり居たんです。(野球の方が私です)
びっくりしました\(~o~)/

ホームページの調子がいまいち悪いのでこちらは会社の製品説明になってました。
今日は時間が少しあるので、この間救命士講習を受けてきたのでアップします。

消防団で救命士講習を毎年受けています。

2502講習

年々やり方が変わってくるので年に1回は受けた方がいいですね!
この講習の翌日に、なるおびで同じ内容の番組やってました。

2502昼ナビ33-1jpg
胸骨圧迫とAEDの使い方について説明してました。
こうやってテレビでやってもらえると皆さんの意識も向上するのでとてもいいことです。

2502昼ナビ4-1

右側の機械がAEDになります。
この機械は自動的に心拍数をはかって、電気ショックが必要かどうかのチェックをしてくれます。
スイッチもふたつしかないので、一度見ておくとわかりやすいと思います。

2502昼ナビ-1

胸骨圧迫を1分間に100回のペースで30回行って出来れば人口呼吸を2回行います。
人口呼吸が出来ない場合は、胸骨圧迫をだけを続けて下さい。

AEDが届いたら、パットを両胸に貼って解析を待ちます。
電気ショックが必要なら機械が指示してくれます。
後はまわりの人達を離して、迷わずスイッチを押したらすぐに胸骨圧迫を再開します。

2502救急車2  2502救急車

意識が回復するまで胸骨圧迫を続けます。
救急車が到着したら救急隊に後は任せます。
救急車のペットはひとつです。
搬送するには時間がかかります。

平成24年度の川崎市の救急搬送の件数ですが、
川崎市約130万人に対して、救急隊26隊です。
つまり救急車は26台しかありません。
救急車は8分25秒に1回の割合で出動しています。
ホントに救急なら仕方ないのですが、驚きの内容でした。

搬送人数 56,098人でこのうちの32,426人全体の約58%が、何と軽症の方なんです。
軽症とは意識があって自分でも歩ける状態です。
そして、中等症が18,752人で全体の33%です。
救急車がすぐに必要な重症以上は・・・4,842人で全体の9%なんです。

この数字を見てどう思われますか?

これでは、本当に必要な時に緊急で救急車を回すことが出来ません。
お1人、お1人のモラルというか常識を再認識しないと助け合う社会は作れません。

救急車が現場に到着するまで、やはり8分ちょっとかかります。
心肺停止から蘇生出来る時間は、約10分間です。
10分を過ぎると蘇生率がとても下がります。

救急車が到着まで8分ちょっとかかって、そこから胸骨圧迫等をしても時間的にぎりぎりの状態になります。
ですから、我々市民が救急車が到着するまでの間、胸骨圧迫等をして
蘇生の手助けが出来ればいいと思いませんか?

何より、もしもの時に身近な方々や、一番身近な家族を助けることが出来るのだから
講習を受けておいた方がいいと思います。

各消防署へ問い合わせ頂ければ、講習日程を教えてくれます。

スポンサーサイト
プロフィール

さめちゃん

Author:さめちゃん
1957 川崎市に生まれる
1979 日本大学経済学部産業経営学科卒業
1979 鮫島石油株式会社入社
2003 株式会社EM MAX設立

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。