スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珪藻土にカビ?正しい知識 ㈱EMMAX

 またまたWEBで『珪藻土にカビ』が生えるという情報がひとり歩きしています。
これではまるど珪藻土のすべてにカヒガ生えると取られますよね(@_@;)
これは間違えで、正しくは、
塗り壁材にカヒガ生えるものもあるが正しい言い方です。

どうも珪藻土を天敵にしている業界があるようでこんな書き方になるのでしょうが・・・
それだけ、逆に言うと珪藻土って機能が凄いから恐れられているんでしょうが・・・
何とも情けないですが・・・

日本は湿気が多いので、窓が結露したりするとカビがとても生えやすいので、
結露防止ということで、湿気を吸ったり吐いたりして室内の湿度をコントロールしてくれる
塗り壁材が最近は人気になっています。

ただ色々な塗り壁材が出てきて、売れればいいということで
塗り壁材の原理原則を無視して製品を作った為に、
お部屋の湿気を吸ってくれる塗り壁材はとてもいい事なのですが、
吸う能力が高くて、吐きだす能力が少ないので、
塗り壁材自体がカビてしまうという減少がたくさん起きています。

自然素材素材だから、どれも同じで安心だと思われている方は
注意しないと、ご自身のお部屋の天井や壁にカビが生えてしまったら・・・
それでもカビも自然のものだから仕方ないと共生していきますか?

これでは、健康に良いと塗り壁材にしたのに、
わざわざ健康を害するものを塗ってしまった事になりますので注意して下さい。



 2015年1月26日発売のリクルート『住まいの設備を選ぶ本』に掲載されました。

 珪藻土はどれも同じではない。
 カビの発生を防ぐ珪藻土漆喰   という内容で掲載されています。


2501リクルート表紙  

全国の書店で、580円で好評発売中です\(~o~)/
ぜひ、立ち読みするか、ご購入下さい。

2501リクルート1    2501リクルート2む

最近塗り壁自体にカビが生えるというとてもショッキングな事が起こっています。
これは、中世の塗り壁材で湿気を吸って吐く力が低いと、
施工してだいだい1年~3年で塗り壁にカビが生えてしまいます。
その実験をした写真も掲載しているので、是非参考にして下さい。

自然素材という言葉が一人歩きして、
自然素材はとても健康にもいいし、これを使っていれば安心だと思われている方がとても多いです。
確かに、自然素材は健康にもいいし、色々機能もあってとてもいい素材です。
だけど、塗り壁にカビが生えてそのカビの胞子がお部屋の中を浮遊したら
自然素材だから仕方ないと我慢しますか?

私は、NOです!

2501リクルート2-1

写真のようなカビが、お部屋の天井や壁に生えていたら、嫌でしょ!
このカビがだんだん増えてきたら、嫌でしょ!
みんなお部屋の空気を吸うと思ったら、嫌でしょ!

嫌で済めばいいですが、こんなになっていたら病気になってしまいます。

これは、その製品自体が、湿気を吸って、自然素材ならいいでしょというだけの製品で、
塗り壁の原理原則を理解しないで製品を作り上げてしまったので、塗り壁自体がカビてしまうなんて
思ってもなく作りあげた製品だからカビてしまうんです。


自然素材でもカビに強い製品はあります。
写真の珪藻土漆喰メルシーライトは同じ実験をしてもまったくカビていません。

これは、何故?

塗り壁材は、本来中性のものが多いのですが、
アルカリ性にするとカビに対して強い製品となります。

アルカリ性なら、しっくいがいいと思われますが、
確かに、しっくいはアルカリ性なのでカビに対して強いのですが、
悲しいかな、湿気を吸って吐きだすという力がとても少ない製品なんです(@_@;)

だから、珪藻土としっくいを混ぜ合わせて作った製品だと、
両方の良いとこ取りをするので、とても素晴らしい製品が出来上がります。

カビにとても強く、そして湿気を吸って吐く機能も高い製品となります。

これが、珪藻土漆喰メルシーシリーズになります。
是非、お試し下さい\(~o~)/



スポンサーサイト
プロフィール

さめちゃん

Author:さめちゃん
1957 川崎市に生まれる
1979 日本大学経済学部産業経営学科卒業
1979 鮫島石油株式会社入社
2003 株式会社EM MAX設立

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。