スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションリフォーム工事始りました。

 マンションリフォームの場合はビニールクロスが貼られている場合がとても多いです。
せっこうボードやベニヤの上にビニールクロスが貼られている場合には、タッカー留めをして
ビニールクロス用シーラーを塗ってから施工する方法もありますが、
躯体面コンクリートに直接ビニールクロスが貼られている場合は剥がす必要があります。
240315シーズ1-093
現場を確認しに行きましたが
わぉ~! ビニールクロスの上紙だけ剥がしてあります。
これではダメで裏紙まで剥がす必要があります。
240315シー1-112   240315シーズ1-111
ビニールクロスには必ず裏に紙が付いていてそれがクロスのりで壁にくっ付いています。
珪藻土を塗ると珪藻土は水で練って塗るので水分を含んでいます。
このように裏紙が残っていると水分が回って珪藻土を塗るとその部分だけ膨らんでくる場合があります。
ですから裏紙はきれいに剥がす必要があります。
240321シーズ1-016
面倒でも下地作りはとても大切です。
霧吹き等で水を含ませ、お好み焼きのヘラみたいなもので裏紙をきれいに取り除いて下さい。
240315シーズ1-102  240321シーズ1-003
 裏紙がまだ残っている状態。           裏紙をきれいに取り除いた状態。
これでは剥がしたとは言えない。          ここまできれいに剥がしてください。

こけだけきれいに(写真右)裏紙を取ってあれば、シーラーを塗って乾燥させてから
メルシーを施工出来ます。

もうひとつ問題が・・・
240321シーズ1-006
ベニヤからアクが出ました。
アク止めをしましたが、見事にアクが浮かび上がってきました。
これだとこの上に施工するとメルシーにもこのアクが出てしまいます。
こういう時はもう一度アク止めをします。
240321シーズ1-023
最初の1回目もこのように塗った時は白っぽかったのてすが、
一晩たったら赤くアクが出てきました。
このようなアクが出なくなればメルシーを施工出来ます。
下地作りをきちっとする事が失敗のない施工へとつながります。
手間を惜しみと必ずしっぺ返しがあるので
手間を惜しまずきちっと施工すれば、お客様からありがとうと感謝されます。
買って頂いて感謝されてとてとてもありがたいと思いますm(__)m




スポンサーサイト
プロフィール

さめちゃん

Author:さめちゃん
1957 川崎市に生まれる
1979 日本大学経済学部産業経営学科卒業
1979 鮫島石油株式会社入社
2003 株式会社EM MAX設立

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。