FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠赤外線フィルム式床暖房 ぽから PTC対応

 PTC特性 遠赤外線 フィルム式 床暖房
ぽから 100V 200V
2502.jpg
■省エネ設計
発熱体が自己加熱制御機能を備えているので、床面温度が上昇するのに合わせて消費電力を抑える省エネ設計。
電気代も8帖・月2千円台を実現。

[ランニングコストの算出基準]
●1日8時間連続運転 ●1ヶ月(30日)運転 ●電気料金22円/kwh ●実施使用電力60%
  概算式/(定格w×枚数)×時間×電気料金×日数×60%
■上記は一般的な高気密・高断熱住宅の概算値です。暖房する部屋の断熱条件、外気温度、
  使用条件によってランニングコストは変わります。

■特長
無垢材には釘打ちが可能です。
シート温度が高いので、他の商品よりも畳や石板に適しています。また、掘りごたつなどの省スペースにも最適です。
電気式床暖房工業会認定商品・JET認定を受けています。

■安心・簡単施工
長時間の通電テストをクリアし、耐久性にも優れているので、定期メンテナンスが一切不要。
工事は、床暖房シートを敷き、結線するだけの簡単施工です。

●無垢材には釘打ちが可能。(シートとシートの間に釘打ち)
●シート温度が高いので、他の商品よりも畳・石板等に最適。
●堀炬燵等の省スペースにも適しています。
●電気式床暖房工業会認定商品・JET 認定

■新築はもちろん、リフォームにも最適
既設フロアを剥がさず施工できるのはもちろん、築浅住宅には家具の移動をせずに床下で施工する方法で、
あこがれの床暖房を実現します。

電気式床暖房で心配なのは、重いものを床暖房の上に置いたときに
発生するこもり熱によって床暖房のシートが焦げてしまうという問題が発生しました。
このこもり熱対策として、PTC特性の床暖房が発明されました。
安心、安全のPTC特性 遠赤外線床暖房 ぽからをお勧めします。

2502こもりネツ安心jpg
2502こもりネツ

自己加熱制御(PTC)とは・・・
温度が高くなるにつれて電気抵抗が大きくなる(電気が流れにくくなる)性質をいいます。
発熱体が自己温度に反応して通電量を自動制御しながら暖めますので、
少ない電気量で健康・快適・安全な床暖房を実現します。

PTC

ぽからはPTC特性によって、床暖房が焦げるような心配がありません。
ぽからのようなPTC特性ではない、電気式床暖房はシートが焦げてしまう場合があります。

2502耐久性  250210年保証

安心の10年保証。
メーカーが10年保証するのは、当たり前ですが、
ぽからはメーカーとは別の保証会社が10年間保証します。
保険料はメーカーが負担しております。
保証会社が保証する床暖房は、ぽからだけです。

2502低コスト

2502ランニングコストお得

10年間のトータルコストでも断然お得。
ぽからはパセロとほぼ同じトータルコストです。

2502トータルコストpg

施工も簡単です。
既存フローリングの下に断熱材が入っていれば、
フローリングの上にシートを置いて、その上に床暖房対応フローリングを敷くことが出来ます。

2502図面

コンパネをシートの上に敷けば、カーペットでも対応出来ます。

2502図面22

2502まどりに応じて

2502施工プラン

詳しくはお問い合わせ下さい。
図面に床暖房を敷きたい個所を太字で記して、FAX頂ければお見積させて頂きます。

㈱EMMAX
TEL 044-820-8117
FAX 044-820-8110

お問い合わせ先。
スポンサーサイト

簡易床暖房設置しました\(~o~)/

 フィルム式PTC遠赤外線床暖房パセロを自分のデスクの足元に設置しました。
  (現在はパセロから『ぽから』に商品は変わっています。)

写真の黒っぽいのがフィルム式床暖房です。

桐フローリングなのでとても暖かいのですが、
何となく足元って涼しい感じがしますが、この簡易床暖房があると
机の下がぽかぽかになるので冷え症の方には絶対にお勧めです。

電気スイッチもON,OFFスイッチで対応出来るのでとても簡易に設置出来ます。
何より床暖房を設置するとどういう感じかが自分で理解出来るのでとても役だっています♪

床暖デスク下1-002

桐フローリングは床暖房が要らないくらいとても暖かいのですが、
熱源がないのでお部屋までを暖めることは出来ません。

そんな時に床暖房と桐フローリングの絶妙な組み合わせを発見しました。
桐フローリングは床暖房が要らないくらい暖かいのですが、
その暖かい桐フローリングを床暖房が暖めるとお部屋も暖まります。

お部屋が暖まったら今度は床暖房を切っても、
要らないくらい暖かい桐フローリングが暖められたので、切っても暖かさが維持されます。

普通ののフローリングだと、床暖房を切ったらフローリングは冷たくなりますが、
桐フローリングは桐の中が空気層になっているので、その空気層が暖められると
蓄熱効果があるので暖かさが維持されます。

一度お部屋を暖めれば、その後床暖房を切っても暖かいというのはとても経済的です。

この相性は最高ですし、省エネになるのでとてもいいと思います\(~o~)/




プロフィール

さめちゃん

Author:さめちゃん
1957 川崎市に生まれる
1979 日本大学経済学部産業経営学科卒業
1979 鮫島石油株式会社入社
2003 株式会社EM MAX設立

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。