FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業情報かわさきで紹介されました(^^♪

産業情報かわさきの中のかわしん出張キャラバン深訪で、
㈱EMMAXのハイブリット珪藻土が紹介されました♪

お話をさせて頂いてる中でハイブリット珪藻土を大変気にいって頂いて紹介して下さいました!
ありがとうございます♬

2910kawashin.jpg

ショールームに来て頂けると実際に、天井・壁にハイブリット珪藻土が塗ってあります。
14年経った実際の塗り壁を見て頂けます。

経年劣化はあるのか、汚れ具合はどうなのかという心配事を
14年経った実際の塗り壁で確認出来ます。

ホントに14年経っているんですか?
きれいというお声をたくさん頂いてます!

信じられない方は是非ショールームにお越しください(^^♪
スポンサーサイト

まったく汚れていない(^^♪

10数年ぶりにお伺いしました。
当時と全く変わっていなくて、もう10数年も経っているのかと
私でも思ってしまう位当時のままのきれいさでした。

DSC_0041.jpg

お見事(^_-)-☆
静電気が無いから汚れないっていつも言ってますが、
実際に年月が経って改めて見るとホントに汚れてません。

しかも劣化したという感じがまったくありませんでした。
これなら一度塗ってしまえば確かに一生ものですね♪

今回お伺いしたのは、上の階からの水漏れでシミが出来てしまったという事で
お伺いしました。

DSC_0039.jpg

洗面所への施工(^^♪

 浴槽から出た瞬間に洗面所のガラスが曇ってしまう事ってありますよね?
ハイブリット珪藻土を施工すれば、ガラスが曇らないか、曇ってもすぐに曇らなくなります♪

ハイブリット珪藻土は、1㎡で1リットルの水分を保つ事が出来ます!
だから水回りに塗っても、カビにくく湯気もすぐに吸ってくれます(^^♪

290208洗面所

塗り方の理想は、天井・壁に塗って覆ってしまうのが理想です。
というのは、湯気は一か所に留まらないので、
どこに湿気が溜まるか計算しにくいから覆ってしまうのが一番効果的です。

290125パターン3

よく計算上は、この一面だけ塗れば大丈夫とか、
吸放湿するタイル等もこの部分だけで大丈夫とかいうところもありますが、
確かに理論上はそうなんですが、では湯気はいつもそこに吸われるような動きをするのでしょうか?

290125パターン2

湯気は一斉に全体に広がっていきますよね!
なので全体に塗ってあれば、それぞれの場所で湯気をキャッチするので、
カビ予防にもなります(^^♪

290125パターン1

今回は洗面所でしたので、
ある程度凹凸を付けて、吸放湿機能が高くなるように施工しました。
船底タイプにしたこてで、ランダムな模様にして軽くヘッドカットして
凹凸があるのですが、柔らかい感じを出しました(^_-)-☆

天井・壁を覆ってしまえば、換気扇必要ないです!(^^)!

教会に施工しました(^^♪

 教会って入るだけで、何か神秘的ですよね。
壁にハイブリット珪藻土を施工させて頂きました(^^♪
雰囲気がガラッと変わってとても良い感じになりました♪

2811教会2

ステンドガラスとハイブリット珪藻土の凹凸の模様がとても合います!
照明が入ると、また雰囲気が変わってとても素敵です!(^^)!

2811教会1

神秘的な雰囲気の中の空気が、ハイブリット珪藻土の機能によって
空気が浄化されるので、身も心も清められる感じになりました!(^^)!

我ながら、ハイブリット珪藻土いいですね(^^♪

ハイブリット珪藻土は補修が簡単(^_-)-☆

生活をしていると、どうしてもちょっとぶつけてしまってキズを付ける事がありますが、
ハイブリット珪藻土であれば簡単に補習が出来ます。

2810補修0

キズのまわりに霧吹きでたっぷり水をかけます。
キズの下にタオルを当てて、何回も振りかけます。

2810補修1

材料をふるいにかけて、
骨材をふるって微粉末の粉を作ります。
この粉をに水を足して固めに練ります。

2810補修2

指で傷の中に練った材料をきれいにいれていきます。
はみ出た材料をタオルに水を付けて軽く押しながら拭き取ります。

2810補修3-1

水がたれた後は、乾燥すれば消えます。
これでほとんど補修の後は分からなくなります。
慣れれば誰でも簡単に補修出来ます。

コツは、
水をたっぷりかける。
強くこすりすぎない。
ホントにカンタンです(^_-)-☆
プロフィール

さめちゃん

Author:さめちゃん
1957 川崎市に生まれる
1979 日本大学経済学部産業経営学科卒業
1979 鮫島石油株式会社入社
2003 株式会社EM MAX設立

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。